2012年5月24日

長い長い「今日」



 寝ずにオールで遊んで帰って来た朝に「ああ、あれは昨日のことなのか」と不思議に思うのは、昨日と今日の境目がなかったせい。
 それはいつまで経っても「明日」にならない、長い「今日」。
 だから100年後のドラえもんもすぐそこにいます。