2017年6月3日

クレッセント・クルーザー


 クレッセント・クルーザーは三日月船団を象徴する旗艦である。三日月船団は三日月を信仰する平和の民によって構成され、ひとつの場所にとどまらずに銀河中を旅している。クレッセント・クルーザー自体に強力な火器は備えられていないが、強固な外殻とシールドを持ち、つねに流星型戦闘機メテオ・ファイターの護衛に護られている。無数の流れ星を引き連れた三日月の姿はいろいろな惑星の空で見られ、見かけた者はその黄金に輝く船団に魅了された。
 側面から見たときこそ三日月型に見えるよう設計された三日月船だが、正面から見れば非常に細長い楕円形であり、決して現実の三日月のように球体に基づく形状ではない。これは、船団の信仰において満月が不吉の象徴だからである。クレッセント・クルーザーをまだ直に目撃したことがなく、その存在や形について口伝えやごく限られた資料でしか知らない人々のあいだでは、よくこの形状が話題となり、正面から見たら満月なのか否かは賭け事の対象となることが多かった。