2014/12/31

2014年まとめ

 今年は特に重要な年になったと思います。なんといってもたくさんのお仕事をいただくことができ、少し自信がついた年になりました。年明け早々新たな住まいに引っ越し新生活を始めるとともに、春に週刊文春の連載挿絵のお話をいただき、その後もさらに新しい連載の準備やTV番組のお手伝いをして充実...

「スター・ウォーズの新作についてぼくたちの知るいくつかのことがら」3.撮影現場編

 「古くて、新しい」や「使い古された未来」というようなコンセプトは「スター・ウォーズ」において重要なものとなっています。決してなにもかもがハイテクでピカピカの未来としての宇宙ではなく、「遠い昔、遥か彼方の銀河系」という、とても未来的な雰囲気を持つ世界であるにも関わらず昔...

2014/12/30

「スター・ウォーズの新作についてぼくたちの知るいくつかのことがら」2.新キャスト編

 マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア姫)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、アンソニー・ダニエルズ(C−3PO)ら旧作キャストも出演すると発表されています(R2-D2役のケニー・ベイカーについ...

「スター・ウォーズの新作についてぼくたちの知るいくつかのことがら」1.基本編

 「スタ―・ウォーズ」の新作公開まで1年をきりましたね。またリアルタイムでSWを楽しめると思うと(しかも今度は全くの新作だから展開も読めない!)うれしくて仕方ありません。わくわくしておさまらないこの気持ちを、こうして記事にすることで紛らわせたいと思います。新たな情報が入...

「オリーブ少女ライフ」感想

 雑誌の号とともに自分の人生を振り返るができるなんて、とても羨ましいです。  ぼくも雑誌を買うことはあったし、高校生の一時期何ヶ月か続けて買って読んでいたこともあるのですが、学生ならではの金銭的な事情やそのうち興味の無い特集(これもその年頃特有の好きなこと以外への無...

2014/12/25

「さみしくなったら名前を呼んで」感想

 「ここは退屈迎えに来て」や「アズミ・ハルコは行方不明」を読んだときにも感じたことですが、とにかく山内さんの描く地方像や別に生まれ育った場所が嫌いなわけじゃないのだけれど、やはりどこか合わない気がして都会へ出て行って自分の可能性を試してみよう、自分の居場所を見つけようとする...

「ペンギン・ブックス 文庫の帝王 A・レイン」

2014/12/22

【営業報告】バナナマンさんの連載の挿絵を描いています

 「バナナイスデー」は毎回その月にどんな「○○の日」があるかをテーマに対談する、「今日はなんの日?」トーク連載です。今号は「12月25日:スケートの日」と、「12月31日:大みそか」がテーマで、それぞれ一点ずつフルカラーで挿絵を描きました。お二人の似顔絵も込みの挿絵なの...

2014/12/06

【営業報告】「スター・ウォーズ」のお手伝いをしました

 十代のほとんど(そして今現在も)を「スタ―・ウォーズ」に捧げてきたと言っても過言ではないので、こんなにうれしいことはありません。どんな形であれ、「スタ―・ウォーズ」に関わることができるなんて夢のような話ですが、やはり絵を描くという仕事の上で関わることができて本当に良か...

2014/11/08

動物

「好きな犬」 「好きな猫」 「好きな鳥」  動物シリーズ。それぞれに振ってあるアルファベットには特に意味はなく、なんとなく古い図鑑風にしたかっただけです。文字を少し入れるだけで引き締まるのではないかなと思った次第です。もともとなにかを...

2014/11/07

乗り物

「ペンギン航空」 「コンテナ船」 「高速列車」  珍しく乗り物シリーズです。普通もっと子供の頃から好きになりそうですが今更になってやってきた少年趣味とでも言いましょうか、改めて乗り物って良いなと思えるようになりました。飛行機、コン...

2014/09/24

「休み時間」

 できるだけいろいろな生徒がいる感じにしようと思いました。フィクションにおける美少女美少年しかいない教室というのは個人的にあまり共感できないし、教室というシチュエーションが与えてくれるノスタルジーとは違うように思います。幅を利かせているやつもいれば隅っこに追いやられてる...

「フランシス・ハ」(2013年)感想

 家賃と戦わなくてはいけないのはニューヨークも東京も一緒なんだな、と思いました。大都会で暮らす条件ですね。でも家賃のことばかり気にしていると楽しいことを逃してしまうかも。ニューヨークでの生活は楽しそうですが、ぼくも東京での生活をもっと楽しみたいと思いました。  「A...

「タイガーズ・ワイフ」感想

 ナタリアやトラとともに旅をした気分になれます。周辺人物のプロフィールの挿話が唐突に入ってきたかと思えば、少しずつそのバラバラのプロフィールがひとつの結末に収束していくところも良いです。

「シェル・コレクター」感想

 夏の読書にぴったりの本でした。

2014/09/07

「パンダコパンダ」公式LINEスタンプ

 今回は40種類も絵柄があるので楽しんでいただけるのではないでしょうか。  LINE利用者の方は是非。  詳細: https://store.line.me/stickershop/product/3060/ja

「週刊文春」カットまとめ

 4月から描かせていただいている「週刊文春」での山内マリコさんの連載「お伊勢丹より愛をこめて」の挿絵をいくつかまとめてみました。雑誌を見逃している方、一応こんなかんじのものを描いています。週刊誌ですので、機会がありましたらご覧下さい。

2014/08/23

「GODZILLA ゴジラ」

   ハリウッド映画の中で描かれる日本像、ぼくは好きです。自分の国が外国の人に意識されているということがすこしうれしかったり、外から見たらどんなふうに見えるのかがわかって楽しいです。  ただどうしても自然な日本語を劇中聞くことは難しいようです。外国人俳優の話す日本語...

2014/07/02

「グランド・ブダペスト・ホテル」

 ほかにも魅力的な登場人物がいっぱいいるのですが、とりあえずメイド・レア・セドゥを。黒髪というのが新鮮ですね。不本意ながら陰謀に関与してしまうので終始そわそわしています。とにかく、凝った作りの絵本を何度もめくるように、繰り返し観たい映画です。ちなみに昨日7月1日はレア・...

「X-MEN」映画二本

 スーパーヒーローものを観るとスーパーヒーロー熱がやってきます。マーヴェルコミックのキャラクターはバットマン(DCコミック)とはまた違ったポップな魅力に溢れていますね。  とにかく史実とからめたストーリーというのが個人的なツボをついています。

2014/06/30

【営業報告】

 今月から「 Amp. 」というサイトに記事を書かせていただいております。テーマは一応映画や本についての紹介です。好きなものをイラスト交えて、より多くの人に伝えられたら良いなと思っています。  で、例によって大好きな「スター・ウォーズ」から始めています。すでに3つの記事を通して...

「自分整理術」と「少女レベッカ」

 最近になって自分の好きな映画や本の感想をイラスト交えて紹介する一連の記事を作って来ましたが、もっともっと自分の好きなものを作品の中に反映させてこういうものが好きなんだとアピールしたいと思いました。「こういうのが好きなのは少し恥ずかしいかな?」と思ってしまうことがありま...

2014/06/24

「猫とペンギンの宇宙戦争」3点

「猫とペンギンでも”ドッグファイト”」  「猫とペンギンの宇宙戦争」は宇宙戦争なので当然主要な戦場は宇宙空間であり、むしろ惑星の地上における戦いより重きを置かれるものだった。地上で優勢だったとしても、惑星軌道上を敵の艦隊におさえられていては勝利することはできない...

2014/06/08

ティム・バートンのバットマン二部作

 ティム・バートン版の二本のバットマン映画は、進化した現代的なバットマン映画が人気の今でも、決して古びないし色あせない魅力を持っています。  

2014/05/28

「アナと雪の女王」

 というわけで今年初めて劇場で観た映画になりました。どうもしばらく映画館に行くのが億劫というか観たいのがあってもだらだらしているうちに終わってしまったりしていたのですが、もっと積極的に劇場で映画を観ようと思います(財布の許す限り!)。上映中の新作をイラスト記事にできたら...

2014/05/25

猫の作戦会議

 ペンギンの拠点である惑星ペンギニアへの攻撃作戦を検討する猫の会議の様子。”猫とペンギンの宇宙戦争”の中盤、猫はペンギニア包囲網をじわじわと縮めることに成功していた。しかし、ペンギン艦隊の防衛線”ペンギン・ライン”付近に猫の艦隊は集結しているものの、まだ攻撃は開始されて...

2014/05/02

ジャック・リッチー著「ジャック・リッチーのあの手この手」

ハヤカワ・ポケットはページが黄色いのが可愛いです。リッチーおじさんは南北戦争ネタが大好きなようです。

H・エーベルレ、M・ウール編「ヒトラー・コード」

 スターリンに報告するために、供述の内容が一部差し替えられたり削除されたりしているので、編者による脚注の数がおびただしく、一章が終わるごとに脚注内容のページが三ページくらい軽く続いたりします。

2014/04/30

「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル」またはいかにしてぼくがレア・セドゥを知ったか

 書ききれなかったので付け加えると、報酬はダイヤモンドのみというベタな女悪党で、台詞も少ない上めちゃくちゃ冷静沈着で強そうなのにいざ対決シーンとなったらわりと焦って切羽詰まったりして結局無惨な悲鳴とともに窓から落ちてあっけなく死ぬっていうキャラクター自体がすごく好みで、...

2014/04/28

スター・ウォーズ三部作

 大好きな映画を改めて基本的なところから紹介するのは難しいですが楽しいです。好きなものを好きだということが伝わるように描けるようになれたらいいなと思います。この中だと一作目のが一番うまく描けたと思います。レイア姫もかっこいいです。  映画レポートのシ...

2014/04/07

連載エッセイの挿絵を担当させていただくことになりました

 山内マリコさんの作品はとても好きなので、エッセイの挿絵を描かせていただくことになり大変うれしいです。  週刊で緊張していますが、何卒よろしくお願い致します。

2014/03/28

「冬の夢」感想

 「グレート・ギャツビー」の原型、あるいは「ギャツビー」本編に使われる予定だった作品を読むというのは、なにかこう映画で言うところのメイキングやカットされたシーンを観るようでとても楽しいです。ぼくはもともと好きな映画のメイキング映像を観るのが好きで、もともとこのシーンはこ...