2012/08/30

Black Cat

猫は狭いところが好きだ。

2012/08/28

ノーテンワレ・ガール

頭蓋骨露出のノーテンワレ・ガール。

2012/08/25

Burton's Birthday

 ティム・バートンさま  お誕生日おめでとうございます。まるで自分のことのようにうれしいです。  初めてあなたの映画を観たとき、初めて観た気がしませんでした。まるで昔から知っていたかのような気分で、「ああ、そうだ、これだ」という感覚でハロウィン・タウンのパレードに見入ってい...

2012/08/21

アイアンマン

キュイーン! 金とテクノロジーの力!

ハルク

超人ハルク興味がなかったのに好きになった。 綺麗な緑色だった。 変身前とのギャップも好き。

キャプテン・アメリカ

もっとごついキャラだと思っていたら映画ではわりとスリム。 一番年寄りのはずなのに一番かわいい顔してるという。

2012/08/11

STARWARS In Concert

 スター・ウォーズのファンでよかったと思える夜だった。  コンサート自体初めてで、ぼくの席は真ん中の一番後ろ、一番上。そこから見えるステージは随分下で、遠く感じたけれど、照明が落ちてステージだけが照らし出されれば全然気にならなかった。おなじみの20世紀フォックス...

2012/08/04

「館長庵野秀明 特撮博物館」

 「 館長庵野秀明  特撮博物館 」行ってきました。  ゴジラやウルトラマンなどの特撮作品の着ぐるみやプロップに資料など、 とても見応えのある展示でした。  ショートフィルム「巨神兵東京に現る」もかっこよかった。 写真はそのガチ...

2012/08/01

モーム「月と六ペンス」

 人に勧められて読んだサマセット・モームの「月と六ペンス」。  ロンドンの至って平凡な会社員であるチャールズ・ストリックランドはある日突然妻子を家に残したまま姿を消してしまう。語り手である作家の主人公は友人であるストリックランドの奥さんにお願いされて彼を追っ...

カポーティ「遠い声 遠い部屋」

 トルーマン・カポーティの「遠い声 遠い部屋」を読み終えました。  去年の夏に「ティファニーで朝食を」を読んで以来の人生二冊目のカポーティです。「遠い声 遠い部屋」は彼が23歳(今のぼくと大して変わらない!)のときに書いた初の長編で、この作品により彼は若き天才として脚光を浴...